いったい、同じような悩みを何年続けているのであろうか?

現在、ライターとしての仕事は、2サイトからいただいている、ありがたいことです。

仕事をどんどん自分で取っていく割には、全然締め切りが守れない、というひどいありさま。

「本当の私の見つけ方 本を読んでもセミナーに出ても変わらないのはなぜ?」の続きを読む…

前回からの続き。

親知らず、オペ時間(って、大げさなものでもないけど)は、14時から。

とりあえず、オペ後は話すのもおっくうになるだろうなぁ、という予想が付いたので、”口を使う(話す)”必要なことをとりあえず終わらせておくことにする。

「親知らず、抜歯当日に食べるべきもの!」の続きを読む…

KAZ hugyftdrftyg TP V 150x150 年齢不詳、そこから自分考察が始める今日、会社の同僚(28歳)に、「たまごさんっていくつなの?」と聞かれた。

隠すものでもないので、「39歳だよ」というと、ちょっとびっくりされた。
「えー、25歳くらいかと思った」いや、それはないだろう。

まぁ、仕事ぶりだけみていたらそう思うのも無理はないのかもしれないけど。

「年齢不詳、そこから自分考察が始める」の続きを読む…

急に冷えてきた。毎年2月が一番寒くなる、ということを考えると今とっても寒いのも納得なんだけどね。

それにしても、冬が苦手な私にはこの季節は辛い。一人暮らしをしていると、週末に誰とも話さない日もあったりして。冬の寒さの中で、一人自宅にいると、「先週の仕事」の反省をしたり、「来週の仕事」の心配をしたり。

 

いろいろと ”今” 考えなくてもいいことを考えたりして、無駄にネガティブパワーを全開にしていく自分。

過去のことは、考えすぎなくてもいいし。未来のことは、起こってから考えればいいのに、ね。

わかってはいるけれど、なかなか実行ができない。気が付いたら、頭はネガティブな思考でいっぱいになってしまう。

そんな時、ついグダグダと堂々巡りするのを止めるために、ほかのことに没頭するに限る!でも、それがなかなか見つからないんだよね?

お薦めは・・・料理をしてみたり、本棚の整理をしたり。良くいわれるけど、何か単純作業に没頭するというのは試してみてもいいことのひとつだと思う。

友人と出かけて、人の悩みを聞くってのもあり。一緒になって、その悩みについて考えていると、自分の悩みごとの存在が薄れる、気がする。ははは。友人にも感謝されるしね。アドバイスはする必要はなくて、聞いてあげるだけでもかなり友人は気持ちが楽になると思う!

感謝されて、かつ自分も気がまぎれるならまさに一石二鳥だよね。

これは、私の気分転換方法だけど、文章を書く、ということもあるかも。
何せ、忙しい合間にいくつかの記事を仕上げていかないといけないので、必死に無心にタイピングをしていくしかない。

経験として超ネガティブな時は誰の意見も耳に入らない

女性はホルモンバランスに気分がたくさん影響される、ことがあると思う。

ただでさえ、ネガティブ体質な私がたまーーーに、ホルモンのバランスにパンチを食らったりして、超×20くらいネガティブになったりする。そうすると、誰に何を言われても、反論でしか返さない!でも、論理的な思考から外れている私は・・・結局言い任されたりして余計にストレスがたまる!

ちなみに、殿方に悩みを話す時には、「聞いてほしいだけ」と伝えるように、とはよく言われること。彼らはアドバイスしたい生き物なのですから。正論を言われてへこみたくないよね?

でもさ、こうも言われたことがある・・・「アドバイスいらないなら、どうして話ををしてくるのか理解できない」

・・・女性とは、一般的に”おしゃべり好き”なのです、それが悩みであってもとにかく話したい!共有して共感してもらいたいものなのです!

あ、いつもながら話が脱線したけど。

ネガティブな気分の時には、一人でいるか、または同性と一緒にいるほうが傷つかなくていいと思う。弱っている時に、がーーっつんと正論を言われてもへこむからね。

あなたの超ネガティブな気持ちが、この超なんの役にも立たなないかもしれないこのブログを読んで少し元気になってくれたら嬉しいものです。

 

では、またねん。

昨日の夜から降り始めた雪が、朝になってしっかりと積もっていました。

単純な私は、雪が降ってうれしい。が、しかし会社に行かないといけないので、大雪の中を靴を濡らしながらも駅に向かう。

最寄り駅に到着すると、いつもより若干混雑しているホーム。

「大雪の日に考えた、日本人の勤勉さ?」の続きを読む…

・・・本日、1月13日。まだまだ新年と呼んでもよさそうな時期である。

 

そして、夕方、派遣会社から突然のメール「本日中に契約について確認したいことがります。」

今年に入って、私のチームに私とまったく同じ仕事をする”正社員”が加入した。

昨年末に辞めた社員の人から、「うちの会社でベンダー募集しているから、応募してみない?」といきなり、連絡がきた。

なかなか、感の鈍い私でも気が付きます・・・。

 

「3月以降の契約はなし、ということで」・・・。

と、エージェントからの電話にも、納得。まさにすべての点がつながって、線になった感じ。

ま、とりあえず、これが「塞翁が馬」になるかならないかは、自分次第。

いいことわざだなぁ。

 

あなたの会話のトッピクは何がメインですか?

去年の末、数年来の男友達とご飯を食べている時に、ふと彼が言った言葉が引っかかりました。

「たまごさんは、どちらかというと、恋愛やおしゃれよりも、”仕事”に興味があるんだね、男性的なんだよ」と。

仕事に興味のない男性もいるだろうし・・・

ひとくくりに、「男性は仕事に興味があるもの」「女性は恋愛に興味があるもの」と決めることは出来ない。

が、しかし一般的に、私の周りを見る限り、女子会でのトークは恋愛がメインだし、男性と話す時には仕事の話が多い気がする。

が、それは、もしかしたら、むしろ私が”女性”であるからなのかもしれない。
女性としての私は、同性の同世代と話すときには、自然と「恋愛ネタ」を私自らが振っているのかもしれないな、と思った。

もしかしたら、今まで恋愛ネタしか話してこなかった女子会でも、真剣に仕事の話をしようと思ったら意外と盛り上がるのかもしれないし。

殿方相手でも、「恋愛ネタ」で熱く語れることがあるのかもしれない。
いつの間にか、「この人に会ったらこのネタで・・・」的なイメージが自分にも相手にもあるのかもしれない。
それって、もったいないことなのかも?とふと思いついた。

相手に合わせたコミュニケーションというけれど、以前話した話題が、例えば「婚活」だっただけで、もしかしたら、というか考えてみれば、それが今現在でも彼女(または、彼)にとっての一番興味のある話題である、という理由にはならない。

意外な人と、意外な話をすることで楽しくなるのかも?

いつもは、恋愛ネタばかり話す女友達と、たまには真剣にキャリアのことを話合ってみるのもいいかもしれない。

自分とは違う物事の考え方に触れることはとても刺激になり、時に、ものすごいモチベーションをもたらしてくれる気がする。

いつもは、仕事の近況報告くらいしかしない男友達とは、「趣味の話」とか、「恋愛話」なんてのをしてみるのもいいかもしれない。

ここまで書いてふと、思ったのだけれど・・・もしかしたら、私以外の人は、みんなオールマイティーな会話の仕方をしているのかもなぁ、と。

私だけが、会う人に寄って話す内容を変えているのかもしれない、と急に思った。

あなたのコミュニケーションってどんな感じ?
異性、同性、会う人それぞれによって話す内容って違うのかな?

でも、どんな話題でさえ、付き合ってくれる人がいることで
まだ私は救われている、気がする。