ストレスフリーになると、心が広くなる

large  9481068642 ストレスフリーになると、心が広くなる

photo credit: vivek jena via photopin cc

最近、私はいつも以上に元気です。 だってさ、もう3月末で仕事辞めるんだよ。これが嬉しくないわけがない。ストレスだって薄れてきている。 まぁ、大好きで、寝食忘れて没頭しちゃう、ってくらいのお仕事ならば、「退職」というのはまさに、人生における「悲劇」となるんだろうけど。

 

以前、友人が言っていた、
「会社辞める、って決めてからの方がパフォーマンスが上がるんだよね~」その言葉を今、しみじみと噛みしめています。

会社を辞める、となってから、以前より周りの目も気にならないし、(ある程度)自分のやりたいように出来る、または相手の意見に対して寛容になれる気がします。

 

周りの目が気にならない

正直な話、今仕事で関わっている人と、この先一体、いつ再び同じように付き合うのか?というとほとんどないと思う。だから、その人たちが何を思おうと、何を言おうと、平気だ。

そもそも、会社での付き合いとは、「仕事を円滑にする」という大きな目標を達成するためにあるようなもので、そうでなければ、よっぽど気の合う人でない限りは積極的に関わりたいとは思わない。私にとって会社とは、悲しいかなそういった場所。

もちろん、私も、職場での人間関係をとても大切にしているし、会社を離れた後も付き合いはある。が、あくまでもそれは気が合う、本当に今後も付き合っていきたいと思う人だけで、その他大勢の人に対して、職場を離れた後も、無理して「苦手な人」と付き合っていきたいとは思わない。

そして、それもOKだと思う。人は、成長し、考え方が変わるように、どうしても同じ人間関係の中に立ち止まっていることは出来ないから。むしろ、立ち止まってしまっていたら、成長も少ないと思う。

 

相手の意見に寛容になれる

だってさ、自分はこの場を去って行くわけさ。そうすると、今、ここで自分の意見を通したところでそれが何になるのだろう。基本、私は、自分の意見に自信がないので、人の意見を最優先する傾向がある。だから、そもそも自分の意見を通す情熱って少ないのよね。

それよりは、人の意見に対して、どれだけの付加価値を付けてよりよいものにするかって考えるのが向いていると思う。

 

ま~、とにかく。会社員って大変だ。ここ2週間ほどボスが海外出張で不在。
とにかく、部屋の空気が美味しい。毎日、そっと息して、そっと息を吐いて生きてきた自分が気の毒になってくる。

 

たった一人の人の存在が、こんなにも影響があるなんて、悲しいことだけど、これが現実。

でもさ、もうダッシュで逃げ出すって決めたら、ま~、この先辛いことがあってもこの選択だけは後悔しないって思うよね。

このエントリーをはてなブックマークに追加