ネット婚活?お見合い?出会いはどこにある?

large  10228019863 ネット婚活?お見合い?出会いはどこにある?

photo credit: Tambako the Jaguar via photopin cc

そういえば、最近、殿方とデートしていない。

デートどころか・・・
2週間前にスッテンコロリンと転倒して以来、お医者様と会社と家との往復の生活。

なかなか、ひざの傷は治らないし、捻挫した足もまだ痛む。とほほ、な感じで生活しています。

春はすぐそこ、狩場に出掛けて行かないと!

 

と、言うわけで来週は久しぶりの合コンでごわす。

今日、会社の人(男性)と話していて、「お見合い」を強く勧められました。

「自分も時間とお金はかかったけど、お見合いは良いよ」
「自分の理想をがっつり伝えて、それにある程度あった人を見つけてきてくれる」
「3-4年していたよ、最終的に今の奥さんと知り合えてよかった」
「ほんと、数えきれないくらいの人数に会いに行ったよ」

彼は最近第2子がお生まれになって、幸せの絶頂という感じです。
そんな彼から「お見合い」を勧められ、ちょっと心が動きます。

 

実は、私・・・。この週末にとある結婚相談所のサイトから、「マッチング診断」なるものを申込み、来週末行ってこようと考えておりまして・・・。なんという偶然!

ちなみに、彼はそういったお見合い企業を使わず、知り合いのツテから「仲人連盟(のようなものが存在するらしい)」で、何人かの女性を紹介されたとのこと。

イメージ的に、それぞれの仲人(紹介者)が持っているリスト(人脈)があり、それぞれの候補者(婚活をしてる人たち)を紹介し合うとのこと。

例えば、仲人Aと仲人Bがそれぞれ自分のリストから候補者を選び出し、紹介する。

すると、仲人Aと仲人Bには、それぞれ自分の持っている候補者からいくらかの紹介料をもらう仕組み。

彼が上手いたとえをしていたけれど・・・仲人はそれぞれプロダクションの社長。もし、自分のところで才能ある(マッチングしそうな)候補者同士が居れば、その二人を紹介。

すると、仲人には、男女からの手数料が入る。

一方、自分のリストの中でマッチングが出来ない場合には、他のプロダクション(仲人)に良い人を紹介してもらい、それぞれが手数料をもらう。そんな仕組み。

ほとんどの人は、それを生業としているわけではなく、あくまでも趣味というか、人助けの一環でやっているらしい。

 

うむむむ。意外と奥が深い、そしてかなりのネットワークが必要なのね。素晴らしい。

昔はほとんどがお見合いだったと聞くし、最近周りでもお見合い結婚の話は良く聞く。

一方、ネットで知り合った、とかってあんまり聞かないけど、本当のところどうなんだろう。
以外と、ネットで知り合ったことを隠す人も居るらしいし。

 

お見合いもネットも、何かしらの媒体を介しているという点では同じだよねぇ。

そこに第三者が入るか、どうか・・・さて、お見合いかぁ。チャレンジしてみるかな?

・・・でも、誰に頼めばいいのだろう。まずは、「仲人 連盟」で検索だ!

検索結果・・・151,000件ヒット!

このエントリーをはてなブックマークに追加