結婚相談所に入会してみた、ゴールは近し!

large  11431775113 結婚相談所に入会してみた、ゴールは近し!

photo credit: ch.weidinger via photopin cc

前回「結婚相談所の無料診断を聞きに行った結果・・・」のつづき。

 

「(一晩考えてもらうための)資料用意してくるわね」と言い残して立ち去ったベテランアドバイザー。

画面に映る、殿方のプロフィールをぼーっと見つめながら・・・
「これで、結婚出来るんだぁ」←かなり猪突猛進

 

自分の好きなことして生きていきたい。って旦那様(気が早い)に言ったら、「いいよ」って言ってくれるような人を探さないとなぁ。

ぐるぐると思考は巡ります。

「お待たせ~」と、戻ってきたアドバイザー。手には資料を持っていません。
嫌な予感が・・・

「たまごさんにはどうしても、ここで結婚のために一歩踏み出して欲しいのよね」

はぁ。どうも。

「だから、私から”通常XX万円”するこのマッチアップサービスを無料でつけてあげる、特別よ」

と、彼女が真剣な笑顔(要するに目が怖い)で、私にオファーしてきたのは、アドバイザーが自分の担当顧客同士をマッチさせ、引き合わせるというサービス。ほぼ、お見合いってことだね。

・・・正直、そんなオファーより、支払金額を引き下げてほしい。
というか、正直にそれ、不要。これだけのリストがあれば、自分で良い人探しますので。

いや~。うんたらかんたら・・・と言いながら逃げるものの、何だかめんどくさくなってきて
「良いですよ、入会します」
と、(やけくそ)クレジットカードを差し出していた。

「私のこと、好きだから薦めてくれるんだよね??」と、聞いてしまった。あまりにもビジネスライクなので、心配になってね。

「そうよ」とのこと。本当に、そうだよね?信じるからね。

さて、ここから書類の記入が始まるのですが・・・

私には、待てど暮らせど、飲み物のオファーがない。先ほど、隣から聞こえた、
「コーヒー、紅茶?それともカフェオレ?」このくだりの会話が発生してこない。

こういうのって結構傷つくのよね。他の人がされているサービスを自分が受けられないって・・・結構時間かかってるよ、書類かくのも、パソコン画面にいろんな情報登録させられるのも・・・。

全然、心ウキウキしてこないのは、なぜ?
この195名という、大量の”未来の旦那様候補”を見せつけられても、なぜにこんなに心が塞ぐ?

そして、結婚相談所に入会してみて、見えてきたものへ続く。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加