営業マンのたまごになりたいと夢想するたまご

large  256560692 営業マンのたまごになりたいと夢想するたまご

photo credit: e³°°° via photopin cc

ミドサーからアラフォーと、呼称を変えなければいけないお年頃なのでしょうか?

本人的には、気持ちはまだまだ20代半ばなのですが・・・下手したら、このハート、ガラスの十代と呼んでもいいくらい。薄く、脆く、壊れやすい。が、ガラスなので交換可能なのだ(ももち風)

ところで、先日、毎月一回の贅沢日、フェイスエステに行ってきました。

通い始めてすでに1年以上経過、習慣化がなかなか出来ない私ですが、続いています。ま、習慣とは言わないのか?

サロンのお姉さんは私と一つ違いで、毎回いろんな相談事やら、夢やら、恋愛話やらを話すのも自分的には良い気分転換になっている。

ここ最近のHOTな話題は、私の退職、そして今後のビジネスの話。何をしたい、何が出来る、どうやって行くか・・・自分の中で思っていることをべらべらと話す。

ときに、鋭い指摘を受けながらも、うんうんと聞いてくれるお姉さん。

たまご 「最近、マーケティングの本を読みだして、すごい面白いんだよね。セミナーとかにも行ってみたりしてるの。退職してから時間もあるし、すこし営業ってしてみたいなぁ」

実は、この話をしている時点で、ある程度何を売ろうか、とは考えていた。とあるベンチャーが最近開発した商品を売ってくれる営業マン(ウーマン)を求めていると、”メルマガ”で読み、さっそく説明会に応募したところなのよね。

お姉さん 「えー、営業興味あるなら、うちの技術と商品をエステに売りに行ってよ。たまごちゃんならできそうだし」

・・・はれ?何だか思わぬ方向から、思わぬ話がやってきたわ。

とりあえず、今はまだプロモーション計画やら宣伝商材も作ってないとのことで、今後また詳細は・・・とのこと。

ふむ。言ってみるもんだな、やりたいことは。

 

ということで、ちょっとだけ引き寄せの法則を感じた週末の午後でした。

)

このエントリーをはてなブックマークに追加