たまごのゴールデンウィーク 帰省日記

large  3596554775 たまごのゴールデンウィーク 帰省日記ゴールデンウィーク、実家に帰省している。

今回は、初めて帰省の際にパソコンを持って来た。とは言え、携帯用のラップトップPCではかく、自宅でがっつり使用するために購入したものなので・・・とても重い。

スーツケースを購入した時に、附属としてついていたパソコンケースにも入りきらず、 5分の1くらいは、はみ出していたがそんなことは気にせず、とりあえずそのパソコンケースに入れ、そして、スーツケースに詰め込んで、新幹線に乗った。

今回は、少しでも節約(?)して帰ろうと、ぷらっとこだまという「こだま」乗車券プラスワンドリンクチケットが付いたパッケージをJTBで購入。再びの、と言っても・・・ゴールデンウィークの期間中はそんなにお得感はなし。通常「のぞみ」に乗車するよりも1000円くらい安くなっているだけ。

13時半東京発、16時15分名古屋着だから、計2時間45分の乗車。「のぞみ」ならば、1時間ちょっとだから・・・本がゆっくり一冊読めるので、まぁいいか。

ここで、1000円節約したところで、結局、飲みに行って、終電逃してタクシー7000円とかやってるわけで、本当にそこら辺の経済観念がおかしい。

イコール、酔っぱらいは怖いね。気が大きくなる。

帰省の話を書こうと思ったのに、いまだ東京から名古屋に移動する手段の段階で話が止まってしまっている。

さて、名古屋からはローカル線に乗り換えて、1時間ちょっと・・・ようやく地元に到着です。

微妙に、田舎、微妙ににぎやか。中途半端なわが町。

なぜか、地元駅で、ダッフィーのぬいぐるみ2体と、ポップコーンバケツ(ポップコーン入ってる)を抱えた女性(20代前半?)とすれ違う。

彼女は、私が乗ってきた電車の折り返しで、これから名古屋に向かうようだ。どういう経路で、ディズニーランドから帰ってきている(または、これから帰っていく)のかはなぞ。

駅には姉が迎えに来てくれていて・・・お互いの姿を確認し、「痩せようねぇ」と言いながら自宅に向かう。

 

今年の秋に韓国旅行に行こうと話しているので、BOOKOFFに行ってガイドブックを買おう!と出かけるが、2010年以前のものしか置いてない。普通に本屋に行こうかね、と昔私がバイトしていた、本屋に向かう。約20年前に働いていた本屋には、当然知り合いの顔はない。あの時の社員の方もいない。

 

あの時の社員の方も、今の私より15歳くらい若かったわけで・・・当時は、お正月にポケットマネーで1000円のお年玉をくれた。バイト最終日には、HITOMIのCDをこれまたポケットマネーでプレゼントしてくれた。

 

あの頃は、着メロを自分で作るのが流行っていて、「着メロブック」と言うものがとても売れていた。あと、タイタニックのDVD(ビデオ)がすごい勢いで売れていた。レジのところに山積みになっていて、毎日、それこそ本当に飛ぶように売れていたのを思い出す。

 

懐かしい気持ちを抱えながら、本屋を後にする。

 

姉と、マクドナルドに行き、簡単に夕食を取る。こんな生活、だめだねぇ~と言いながら新商品のアボガドバーガーを食べる。サイドメニューはせめてもの野菜サラダ。ポテトと迷ったけど・・・サラダにした。付属のゴマドレッシングを全部かけたら、姉から、「全部かけると、辛いよ」と言われた。そうでも、なかった。

 

食べながら、韓国ガイドブックを見る。興味の中心は食べ物、エステ。二人とも物欲はほとんどないので・・・。私はとにかくよもぎ蒸し、なるものがしたくてしょうがない。

その後、姉は英会話教室(市のカルチャーセンターでやっているとのこと、5回5000円!安いなぁ)に行くとのことで、話もそこそこマクドナルドを後にして、自宅に送ってもらう。

帰宅したら、両親がご飯を食べていた。魚の煮物を食べていて、「ひらめ?」と聞くと、「鰈(かれい)」と、言われた。「ヒラメは高いから」と、父。

「買ってきたときに、頭は落としてあったから、どちらかわからないわよねぇ」と、母。 まぁ、きっと鰈だろう。

お行儀悪いけど、母の鰈を一口もらい、後はお茶を飲んで終わる。まぁ、さっきマクドナルド食べてきたからね。

久しぶりに実家にて、テレビを見る。東京の自宅にはテレビがないので、とにかく新鮮。でも、チャンネルの数が多すぎて、うまくリモコンが操作できない。すぐに、「有料放送です」という表示がされるので、きっとケーブル?スカパー?そんなところのチャンネルを押してしまっているのだろう。

ちなみに、我が家では、リモコンのことを「チャンネル」と言う。 さらに、ちなみに、トン汁のことをブタ汁と呼んでいた。ずーっとそう思っていた。 うちのブタ汁は、「ブタ、豆腐、以上!」だった。味噌汁の具が、ブタと豆腐。それだけ。一般的なトン汁を食べたのは20代半ば。姉が、「ブタ汁は具だくさんらしい」と言って作ってくれた。

家族という閉鎖された空間では、しばしばその家のルールが社会一般のルールと勘違いすることが多々ある。大げさだけど、結構、カルチャーショック(ファミリーショック)だ。

いつになるのか分からないけど、結婚したらそんなこと沢山あるんだろうなぁ、と漠然と思っている。私は特に、視野が狭いから、それを楽しめるようにならないと、とか真面目に考えている。

本当なら、たまご家の7不思議的なことを書こうと思っていたのに、だらだらと、小もないことを書き綴ってしまった。

それにしても、実家は落ち着く。

今日は、これから昼寝をして、夜、名古屋へレッツゴーです。地元の友達が出会いが欲しい、と言っていたので名古屋のバーで素敵殿方との出会いを見つけよう~とのことで・・・それにしても、どこに行っても、ばたばたしている、私。

終電に帰ってくる予定だけど・・・今回は、タクシーってのはなしだね。気を付けよう。

このエントリーをはてなブックマークに追加