こんなに灰汁の強い、めんどくさい私だけど

5月も気が付けば、半ばにさしかかろうとしている。

これからの自分のライフワークについては、考えていたけれど、さて日銭を稼ぐ、ということについては、まったく持って考えのなかった私。結構、みんなに呆れられる。

ありがたいことに、呆れる人も居れば、「大丈夫さ~」と言ってくれる人も居て、心強い。さらには、紹介までしてくれたりして・・・本当に感謝です。

3月末に、知り合いから仕事を手伝ってほしいと頼まれた。仕事内容について、ちょっと自分のやりたいなぁ、と言うところと違うので悩んだけど・・・短期のお手伝いなら、ということで引き受けることにした。

今日、フェイスブックのメッセージを開けたら、
以前研修で知り合った、某アパレルメーカーの男性から、
「来月から、XXの会社にアジア地域の担当部長になるんだよ。
人が足らないからうちに来ない?興味あれば、教えて」
と届いていた。

素直に、どちらのオファーも嬉しい。
会社員として働くことを辞めた、その口も乾かないうちにこの発言なんだけど・・・。

問題は、そこではなく「たまごさん、どうかな?」と、お声がかかることが本当に嬉しかった。

どうしてか・・・ずっと自分に自信がない私は、会社の仕事も出来ない、と勝手に自分の枠を決めていた。勝手に自分に評価を付けて落ち込んでいた。

でも、どこかの誰かの役に立てる、そう自分が思える言葉をかけてもらえることが本当に嬉しい。

仕事も、私生活も、ホントに私は頑固だし、融通も利かないし・・・ちょっとずるかったり、時には、妙な正義感を振りかざしたり。とにかく、付き合いづらい、と思う。

私と同じ性格の人が目の前に現れたら、私、嫌だもん、めんどくさい。

でも、それでも、ある程度付き合って来た人が、私とまた仕事がしたい、って言ってくれること、それって本当に嬉しい。

仕事がしたくて、上京してきて・・・本当に最初は、27歳、結構いい歳にも関わらず、右も、左も敬語も、(社内)政治も分からなくて、苦労しました。・・・未だに、敬語と、政治は分からないけど。

Anyway

いろいろ、経験してきて、ようやっと今、自分の足で歩きだし始めている気がする。

こんな言葉でまとめてしまうのは、横暴かもしれないし、強引かも知れないけど・・・
筋が通っていたら、良いんだろうなぁ。って思う。

間違っていても、正しくても、それが自分の信念に反せず、それをきちんと貫き通す、そんな筋が通っていたら人は、強く生きていけると思う。

中途半端に、私みたいに、頑固なのに、自信がない、ってのがふらふらしていて、一番めんどくさい。

知人から、聞いた話。
彼の上司が言っていたセリフ、「俺は、意見がないのがポリシーだ」だって。

日和見的に、常に自分の上司に合わせて生きていく、それが彼のポリシーらしい。
でも、その”意見の無さ””日和見的態度”は一貫していたらしい。

聞いた時には、呆れたけど、今思えば、それが彼の処世術であり、一貫したポリシー。
筋が通っている。それを公言することも、また素晴らしい。

なーんて思っちゃうんだよね、私。

 

 

このエントリーをはてなブックマークに追加