婚活について、「TED」「ビジネス」もろもろ

large  5875041613 婚活について、「TED」「ビジネス」もろもろ

photo credit: Sean Molin Photography via photopin cc

梅雨が明けたのか、まだなのか・・・
天気が良かったり、急に空が暗くなって、
ざぁ~と、大雨が降ったり。

ここ数年、ずっと、「婚活」と言う言葉と共に
生活をしてきた。

「疲れたなぁ」とか、「よし、もう少し頑張ってみよう」とか、
自分と「婚活」という言葉との距離感は、いつも違えど、
生活の中には、常に、そんな感じで「婚活」がいた。

「振り返れば、奴がいる」的な、ね。

「婚活」と言う言葉が、流行だしたのは、おそらく
10年くらい前。

今でも、鮮明に思い出すのは、友人と本屋さんに
居た時に、

「たまごちゃん、”婚活”って言葉知ってる?」と、
友人の口から始めて、「婚活」を聞いたシーン。

「何それ?知らなーい」と、当時、そんなに結婚願望が
無かった私は、無邪気に聞き返します。

「最近、本が出ていてね・・・」と、平積みされていた
のが、この本。

「婚活」時代

2008年初版・・・そうだっけ?

もっと、ずっと昔だった気がするなぁ・・・。
ま、それあは、置いておいて・・・。

振り返ってみると、ホントここ数年で、
一体どれくらいの、時間と資金と、体力、そして思考を
「婚活」に費やしてきたのだろうか。

常に、頭の中には、「婚活」という言葉があり、
そのフィルターを通してみる世界は、
「婚活」が溢れている。

自然、いつの間にか、私の周りには、
「婚活」仲間が溢れ、「婚活」情報があふれ、
ついに、「婚活」難民が溢れつつある

何をしても、上手く行かない・・・
相手が悪いのか、自分が悪いのか?

はたまた、「悪い」のは、単にタイミングなのか・・・

ぐるぐると、堂々巡りする思考の中で、
何度も、私自身、自分を見失いそうになる。

先日、知り合った人から、一緒に
「婚活ビジネスをしよう」と、声をかけられた。

酔いもあって、「やりたい!」と、両手を挙げるくらいの
勢いで、言ったものの・・・。

その人の考える、「婚活ビジネス」のコンセプトが
どうしても、私の考えているものと一致せず、
結果、一緒にやって行くことをお断りした。

なーんて、書くとかっこいいけど、
要するに、まだ”I am NOT Ready”
なんだろうなぁ。

最近始めたライターのお仕事も、メインは、「婚活」ネタ。

世の中、こんなに「婚活」情報やら、ビジネスが溢れているのに、
反比例するかのように、どうして「婚活」が上手くいかないのだろうか。

知り合いの方から、この動画を紹介していただいた。

Amy Webb
「私がどうやってネット婚活で成功したか」
on TED
http://www.soan.jp/?p=24244

彼女は、出会い系サイトで、自分の理想の
結婚相手を見つけるため、彼女の得意分野である
数値データの分析、プランニング等を駆使して行きます。

最終的に、自分の理想とする男性と出会い結婚をします。

この動画のサイトに、彼女Amyは言います。

結婚相手探しなり、
やりたいこと探しなり、
事業の立ち上げなり、何なり、
自分の構想を明らかにして、
自分なりのルールを作り、
好きなだけえり好みをしてください

彼女の取った、行動には異論を唱える人も
居ますが、「初志貫徹」で、やり通すところはすごい。

結果、彼女は、自分の生活を
「申し分ない、理想的な生活」と位置付けています。

「婚活」も、周りへの不満ばかり言っていないで、
期限、目標、戦略を持って、きっちりと進めて
行くことが大切だと、改めて感じました。

ちなみに、以前に私は、「1年以内に結婚します」と
ブログで宣言していた・・・

そろそろ、その期限も近づいてきているからなぁ。

このエントリーをはてなブックマークに追加