七夕の夜に想うこと、後悔してる暇はなし

large  8666204107 七夕の夜に想うこと、後悔してる暇はなし1年前の、七夕の日、何をしていたのだっけ??

「今年も曇りだねぇ」と絶対に言っただろうことは、
私の性格から、推して測れる。

七夕だから、と口実つけて飲んでそうだ。

手帳を見返すと、
去年の2013年7月7日(日)には、

「Aちゃん、ガールズ」と書いてある。
どうやら、Aちゃんを含めて数名で女子会をしていたらしい。
1年前、どんな気持ちでいたのか、思い出せないけど、
仕事や、人間関係、もろもろに悩んで
うじうじしていた、と思う。

が、1年経ったら、「何も覚えていない」
人間なんて、こんなものだよね?

「忘却は、人間の救いである」 BY 太宰治

http://novelu.com/dazai_words/#6

引用 : novelUのBlog » 太宰治の名言集

私なんて、かなり記憶力が良いと思っているけど
それでも、ぽろぽろと辛いこと、楽しいこと忘れている。

でも、それじゃなかったら、頭の中は
パンクしちゃうし、何より、心がパンクしちゃうかも
知れない。
1年前、「嫌だな」って、思っていたことが
今は、無くなった。

でも、その代り、まったく違う「嫌だな」ってことが
出てきてる。

きっと、この「嫌だな」ってことは、
来年か、再来年には、消えちゃって、
また別の何かが出てきてるんだろうなぁ。

ま、正確には、今、「嫌だな」ってのは、
お金が稼げてないことなので、まぁ、それはきっと
半年もしないうちに、解消されるでしょう。
そうしないと、生きていけないから、ははは。

そう考えると、私は、かなりラッキーな生活を
送れていると思う。

1年前に比べて、ストレスが激減。

「会社を離れる」こと自体は、とても大きな決断だったと
思うし、良く辞めれたなぁ、とも思う。
何よりも、人目を気にしていた、自分が、
大きな組織に属すことを切望していた自分が
辞めれたことは、大きな進歩だと思う。

そして、何より、「辞める」と決めて
退職届を出した、あの時の自分がいるからこそ、
今の私がいると思う。
思考を行動に移すのは、本当に難しい。

悶々と、2年考えた末、ようやく出した結論。

「行動」することで、新しい世界が広がってきている。

「七夕」とかの、こういった節目で、「去年何していたかなぁ」って
思い返すよね?

その時に、「去年より、いい感じ!」と、思える自分に
なっていたら、良いな、と思う。
「昔は良かった」なんてセリフは、まだまだ早い!
と言うか、言いたくない!(負けず嫌い!)

きっと、また来年の七夕もあっという間に来ちゃうから、
1日、1日、大切に、過ごしていきたいものですな。

天の川は、見えないけれど、
どうか彦星さんと織姫さんが、素敵なデートを
していますように。

さ~、私も、今年は、誰と花火デート行こうかな♪
後悔しないよーに。ひひひ。

このエントリーをはてなブックマークに追加