「おにいちゃんから、何か聞いてる?」と言われて想像したこと

a0001 011463 150x150 「おにいちゃんから、何か聞いてる?」と言われて想像したこと私には、とても賢い兄がいます。

そして、かなりの”変人”だと、思う。

横浜で一人暮らしをしていて、自分のことを「浜っこ」と言っている・・・いやいや、海なし県で育ってるよね?浜は、ないぞ。親が泣くぞ。

先日、姉からLineが来て、
「まっくん(兄)から、何か聞いてる?」と。

たまご: 「聞いてないよ、何?」
姉:返答なし (既読)
たまご: 「なんなのよ、怖いから、教えて」
姉:返答なし (既読)
たまご: 「ちょっとーーー」 ここで、キレる

何だか、怖くなって、実家の母親に電話をする。
なぜか、怖くて姉に連絡できなかった。

「あ、お母さん、たまごです。さっきお姉ちゃんから、連絡来て、まっくんから連絡きた?って聞かれたんだけど・・・何かあったの??」

「あ~、まっくんから手紙が来て(うちの両親はメールが出来ない)、昇格したらしいよ、課長に」

 

なーんだよ、そんなことかいっ!いや、昇格はめでたい、おめでとう!

 

さて、ここで私が恐れていたこととは・・・「まっくんが、結婚する」でした。

兄は独身です。今年39歳。
結婚したら、いい旦那になる・・・のかは不明だけど、まぁ、良い人だとは思う。ただ、細かいし、賢いし、無口だし・・・、顔が濃いし、(パソコン)オタクだし、「将来はカフェを開く」とガーリーなところもあるし、浜っこを気取ってるし・・・褒めてるのか、けなしてるのか分からなくなってきたけど。

で、もし、彼が結婚した場合、両親の非難?の矛先が全て私に来るのでは、と危惧したのよ、一瞬。

 

で、そんなことを考えていたら、姉からLineが・・・写真添付あり。

姉: 「写真撮るのに手間取って」 兄の名刺(課長と記載)をの写真が添付されていた・・・

 

で、姉に、「怖いこと、想像しちゃったよ~」と、兄の結婚話をすると、
「それのどこが怖いことなの?」と。

ま、確かに・・・。心の底から兄の結婚は願っているけど、なんとも言えないこの気持ち。

独身の兄を勝手に、「仲間」としているからな、私。

ちなみに、兄と私は、外見も、性格も似ていない。
そういえば、昔は良く、「妹と思われるのが恥ずかしい」と言われていた。

なんで、こんなつらつらと兄のことを書いているかというと、今月兄の誕生日だったから、何となく。

 

ちなみに、昇格した彼が手紙に書いてきたこと・・・
「管理職なんて向いてないから、無理だったら、早々にメンバー(元のポジション)に戻してもらうか、辞めてマスターになるよ」と。

たまご: 「マスターって、大学院にでも行くの?」
姉: 「喫茶店のマスター、だって」

まぁ、程よいオチ、になりましたでしょうか?

 

またねん。

このエントリーをはてなブックマークに追加