このブログは匿名(ペンネーム)で書いています

large  5103209989 このブログは匿名(ペンネーム)で書いています
photo credit: val.pearl via photopin cc

ツラツラと、好きなことを書いているこのブログ。

でも、最初に書いた記事を読み返したら、「あなたが元気になるように!」とかって大層なことを書いていたわ・・・お恥ずかしい。

先日、デートしている殿方にこのブログの存在を知られてしまった・・・!

きゃーーーーーーーー、って思ったわ、本当に。過去の合コン参戦やら、仕事の悩みやら、うつうつとした感情まで書いているので、出来れば知られたくないたまごの行動&気持ちだったのですが・・・。

読んでしまったものは、記憶から抹消して~とも言えないので・・・とほほ。
とにかく恥ずかしい。

ちょっと横道に話は逸れてしまうけど・・・

合コンに行って、まれに殿方にデートに誘われることがあるんだよねぇ。そうすると、1、2回は順調にデートするんだけど、何だか回数を重ねるごとに、相手の殿方が私に対しての興味を失っていくのを感じるのよね。

で、そんなことが過去数回あると、これはもう自分に何か原因があるとしか考えられないわけで・・・。

ある時、そのことについて自分なりに考えて、結論を導き出してみた。

合コンでの幹事たまごは、「超楽観的、明るい、賑やか」なわけよね。そうすると、デートに誘ってくれた殿方は、「明るいたまご」が好きなわけよね。

でも、実際の私は、わがままだったり、うつうつとしていたり、泣き虫だったり、嫉妬もしたりする。私としては、自然なたまご、なんだけど・・・殿方はそんな私を見て、「あれ?初対面の合コンの時と違うなぁ」って思うのではないだろうか・・・。

だから、数回デートを重ねると、「こいつ(たまご)、ちょっと面倒くさいのかも」とか、「結構、うつうつしているねぇ」とかって思って、去って行ってしまうのではないだろうか、と。

結構、この結論は当たっていると思うわ。

で、ここで 元の話に戻るんだけど・・・

デートしている殿方にブログを読まれてしまい、動揺する私・・・一応、私が合コンマニア(?)ということは知っているものの、さすがに実際に事細かに合コンの話をすることはないので・・・。

「うらおもてのない、たまごちゃんだったよ」とメールが来たので、びっくりした。と、同時に嬉しかった。

たまごブログは、私の気持ちをそのまんま書いているから・・・、それを受け入れてもらった、と勘違いでもそう思いたい。

うらおもてのない、ってことは普段の私と同じってことだよね。うつうつとしている、泣き虫で嫉妬もするけど、それでも良い、と一応言われたということだろうか??

もう、本当に数えきれないくらい合コンに参加してるけど、素敵な殿方は沢山いる。

性格の良い殿方、頭の良い殿方、条件の良い殿方、お金持ちだったり、スポーツマンだったり、いろーんな殿方と知り合った。

だけど、いつの間にか「幹事」って肩書きで参加している私には、どんな素敵な殿方に出会っても「あ~、この人、良いなぁ。ぜひXXちゃんにどうかな」とか、「飲み会頼んだら、どんな人を連れて来てくれるかしら?」って営業(?)目線でしか見ることが出来なくなっていた。

驚くほどの、幹事気質だよね・・・とほほ。

幹事体質に徹するきっかけは、今までの経験から、「どうせ、数回デートしたら振られちゃうしなぁ」ってネガティブな気持ちがあったのかも知れないなぁ、と振り返って思う。

人には、「何度でも立ち上がるのだぁ~」とかってはっぱかけておきながら、自分だって弱虫だよねえ。

で、またようやく本題。

匿名だから書ける記事も沢山ある、でも本当のことをいうと、匿名じゃなくて、堂々と自分の気持ちを書けるようになったら、一番いいんだろうなぁ、って思っている。

たまごと私が、うらおもてないんだったら、匿名にする必要ってないもんね。

たまごと、私。 オムライス食べたくなってくるね。

http://www.n-rs.co.jp/brand/tamago.html

 

ちなみに、たまご、ってペンネームだよねぇ?

ニックネームってなんだっけ?と思って調べてみた。

【ニックネームの語源・由来】
ニックネームは、英語「nickname」からの外来語。
「付け加えられた名前」を意味する中期英語の「an ekename」が、「a nekename」の構成と解釈されるようになり、「nickname」となった。

「ekename」の「eke」は、初期英語で「○○もまた」を意味する。

出典 語源由来辞典 http://gogen-allguide.com/ni/nickname.html

このエントリーをはてなブックマークに追加