相手に合わせた会話、そこから一歩踏み込んでみる

あなたの会話のトッピクは何がメインですか?

去年の末、数年来の男友達とご飯を食べている時に、ふと彼が言った言葉が引っかかりました。

「たまごさんは、どちらかというと、恋愛やおしゃれよりも、”仕事”に興味があるんだね、男性的なんだよ」と。

仕事に興味のない男性もいるだろうし・・・

ひとくくりに、「男性は仕事に興味があるもの」「女性は恋愛に興味があるもの」と決めることは出来ない。

が、しかし一般的に、私の周りを見る限り、女子会でのトークは恋愛がメインだし、男性と話す時には仕事の話が多い気がする。

が、それは、もしかしたら、むしろ私が”女性”であるからなのかもしれない。
女性としての私は、同性の同世代と話すときには、自然と「恋愛ネタ」を私自らが振っているのかもしれないな、と思った。

もしかしたら、今まで恋愛ネタしか話してこなかった女子会でも、真剣に仕事の話をしようと思ったら意外と盛り上がるのかもしれないし。

殿方相手でも、「恋愛ネタ」で熱く語れることがあるのかもしれない。
いつの間にか、「この人に会ったらこのネタで・・・」的なイメージが自分にも相手にもあるのかもしれない。
それって、もったいないことなのかも?とふと思いついた。

相手に合わせたコミュニケーションというけれど、以前話した話題が、例えば「婚活」だっただけで、もしかしたら、というか考えてみれば、それが今現在でも彼女(または、彼)にとっての一番興味のある話題である、という理由にはならない。

意外な人と、意外な話をすることで楽しくなるのかも?

いつもは、恋愛ネタばかり話す女友達と、たまには真剣にキャリアのことを話合ってみるのもいいかもしれない。

自分とは違う物事の考え方に触れることはとても刺激になり、時に、ものすごいモチベーションをもたらしてくれる気がする。

いつもは、仕事の近況報告くらいしかしない男友達とは、「趣味の話」とか、「恋愛話」なんてのをしてみるのもいいかもしれない。

ここまで書いてふと、思ったのだけれど・・・もしかしたら、私以外の人は、みんなオールマイティーな会話の仕方をしているのかもなぁ、と。

私だけが、会う人に寄って話す内容を変えているのかもしれない、と急に思った。

あなたのコミュニケーションってどんな感じ?
異性、同性、会う人それぞれによって話す内容って違うのかな?

でも、どんな話題でさえ、付き合ってくれる人がいることで
まだ私は救われている、気がする。

このエントリーをはてなブックマークに追加