年齢不詳、そこから自分考察が始める

KAZ hugyftdrftyg TP V 150x150 年齢不詳、そこから自分考察が始める今日、会社の同僚(28歳)に、「たまごさんっていくつなの?」と聞かれた。

隠すものでもないので、「39歳だよ」というと、ちょっとびっくりされた。
「えー、25歳くらいかと思った」いや、それはないだろう。

まぁ、仕事ぶりだけみていたらそう思うのも無理はないのかもしれないけど。

改めて、職場での自分の行動を振り返ってみる。

1 いつもテンパっているように見える
2 要領が悪い、容量が少ない
3 真面目 面白味がない
4 全く社交的でない
5 存在感がない

自分で書いていて、悲しくなってきた。早く、この職場辞めたい・・・。
実際にね、仕事内容自体はメンドクサイことも多々あるけれど、好きなこともたくさんあるのよ。

が、しかし、いかんせんランチタイムを取るのもままならないほどの忙しさ。
これで、バイトをしてなかったらもっと楽なんだろうけど・・・いろんなことが重なってやはりもう、辞めたいなぁ、と思っていた。

そんなところに、「2月末で契約を終了」と言われたら、嬉しいのか悲しいのか正直分からないところ。
ホッとしたような、でもこの先が不安なような。
ま、そらそうだよね、不安だよね~、まさにアラフォー崖っぷち。今後の生活の不安がないといったら嘘になる。

がしかし、何とかなるのかも?なんて気楽に考えている自分もいたりする。そして、ちょっと、というかかなりそんな適当な自分が好きだったりする。

今、ここで起こっていないことを憂いて、嘆き(そんな必要ないよねぇ)、時間を無駄にするよりも、残りの会社員生活を満喫して(今回こそ会社員生活に終止符を打ちたい)、有終の美を飾りたい。
はっきり言って、私はどこにいても、どんな生活をしていても「帰属意識」というものが持てない。
どんな中にいても、疎外感を感じたり重要感を感じなかったり・・・結局、私の生活は常に「対相手」がいるのだと思う。

相手に合わせて、相手が望むことをやろうとする限りは、「自分への重要感」なんてもてないと思う。
相手次第で自分の軸がぶれるような、そんな人に重要感は感じられないよね。

最初の話に戻ると、そんな感じで長いこと生きているのに、「(いい意味での)自分らしさ」という個性がないので若く見えるのだろうか?
ちなみに、体型はおばさんだし、髪型もぼさぼさだし、服も可愛くないし、靴だって変なの履いているし。

なんか、書いてきてさらに落ち込んできた。

「この会社を辞めたらダイエットしよう」とか、常に問題を先延ばしにして、今の自分に納得がいっていないこともひとつの年齢不詳を作り出しているのかもしれない(ちょっと図々しい意味にもとれるけど)。
私は、これからどこに流れていくのでしょうか?
でも、きっとこれからも強くたくましく生きていけれるとも、思う。
そして、ひとつだけ私にとって、嬉しいことは、「こんな私」とネガティブなたまごのことを好いてくれる人がいるということ。

忘れたころに、連絡をくれたり、会えばいつでも笑顔で迎えてくれる友人がいることは本当にありがたい。

あ~、あなたにもそういう人がいるよね?

なんか、へこむことも多々あるし、大変なことばかりなんだけど、それものど元過ぎれば笑えるはず。今までだってそう過ごしてきたんだから。

さて、明日もまた頑張りましょ!
では、またねん。

このエントリーをはてなブックマークに追加