世の中の動きを満員電車の中で知る

電車に乗っている時間って結構あるかも。あなたは何をして過ごしていますか?

ほぼ毎日、電車に乗っている。都会で生活するということは、ほとんどの交通手段が電車またはバス、という公共交通機関に頼ることになる。

二十代後半まで生活をしていた田舎では、電車やバスに乗るということは”非日常”な行為だったんだよね。実際に、実家(というか地元)では、車は一人一台所有するもので、どこに行くにも車が唯一の交通手段。
徒歩でどこかに向かう・・・ということもほとんどない。なぜなら・・・一番近くのコンビニ(でも、夜10時には閉店してしまう)でも、歩いたら10分くらいかかかるから。

というわけで、田舎の生活において電車に乗る、ということはイコール都会に出ていく、ということを意味していたのです。

ちなみに田舎の電車賃ってすごい高いんだよ

約1時間電車に乗って移動すると(まぁ、移動距離も長いんだけどね)約1000円くらい。
東京に来て最初に感動したのは、地下鉄運賃の安さかな。

さて、話を本題に戻すと・・・って、もう少し捕捉したいことがあるんだけどね。

田舎暮らしの長かった私からすると、上京したすぐの頃は満員電車すらイベントだった。

その頃は、祖師谷大蔵という小田急沿線の駅に自宅があった。ちなみに、駅から徒歩15分、木造2階建てのアパートで、休日になると、宗教やら新聞の勧誘が良く来ていた。

どんどん話が脱線していくけど・・・その頃は小田急線で新宿に通勤していたけど、毎日すごい混んでいた。ぎゅうぎゅうに潰されながらも、「あぁ、これが噂の東京のラッシュアワーというものなのだな!」なんて楽しかった。人間、何事もポジティブに考えられるといいものである。

で、ようやく話を本題に戻すと・・・

電車の中にあるつり革広告(どうやら一般的には中吊り広告と呼ばれているらしい)がとても面白い。

特に気に入っているのは、女性誌の広告。いかにキャッチーなタイトルをつけるかが命なのだろうけど・・・突っ込みどころ満載なんだよね。このことは、また別の時に書いてみたい。

毎日満員電車に揺られている私は、本を読むこともままならない時には、ひたすら上からぶら下がっているつり革広告を読んでいる。まぁ、それも角度によっては見えない時も多々あるんだけどね。

最近、山手線が新型の車両を導入して・・・

山手線新型車両を導入というニュースに関連して聞いた話が興味深かったので考えてみたいと思う。

最近は、デジタルサイネージという形態での広告手法が多く取り入れられている。駅の柱に大きなスクリーンがはめ込まれていて、それにいろいろな広告が流されているのを見たことがあなたもあると思うんだけどね。

電車でもドアの上部に小さなテレビスクリーンが埋め込まれていて、「次は○○駅です」なんて案内の合間にもいろいろな宣伝が流されているよね。

で、山手線の新型にもそれを取り入れようと思ったらしいのだけど・・・費用対効果を考えるとそんなに有益でもないらしいの。

以前は、電車の中で暇にしている人が、そういったつり革広告を始め、電車内に書かれている文字や情報に目を向けていたらしいのだけれど。今、スマートホンが流通することによって、みんながほとんどそういった情報に目を向けることがないらしい。

このニュースを聞いて、まず「確かに、ほとんどの人は電車内で掲示されている情報に以前ほどは注意を向けてないかも」と思った。

その次に、「デジタルコンテンツは作成に時間と費用がかかる」という点が驚きだった。私的には、紙に印刷して、それをひとつひとつつり革やら壁に貼っていく作業のほうが人件費も、材料費もかかると思っていたのだけれど、どうやらデジタルコンテンツのほうが時間もコストもかかる、とニュースでは言っていた。
そういう意味で、費用対効果が薄く、全車両への導入を見送ったらしい。

今の私たちにとって、インターネットで手に入る情報はほとんどが無料なんだけど、元をたどればそれを作るのには費用が掛かっているわけで・・・。

費用対効果を考えた時に、いったいどれくらいの消費が発生したら、利益が生まれるんだろうなぁ、と考えた。

ちょっと前までは、マイナンバー制度に関して、繰り返し電車の中で流れていた。結構長い期間流れていた。

これは、政府の宣伝だから、費用対効果よりも認知を促していたものだろうけど。・・・お金かかってそう。

私は自宅にテレビがないので、電車の中で流れるフラッシュニュースやら短い(音声なし)コマーシャルが時代についていくための結構有益な情報となっている。

それだけでも、ひと昔前と比較したらものすごい量の情報をただ20分間電車に乗っているだけで手に入れていると思う。

そういえば、10年前に小田急に乗っていた時には、大勢の人が新聞を読んでいたけれど・・・今はほとんど見かけないよね。

電車の中でいろいろ考えてみた、三連休の初日でした。

ちなみに、今は大学病院の口腔外科の待合室で呼ばれるのを待っている間にこの記事を書いています。

ここでも、20人中5人がスマートフォンを見ている。どこにいても、常にみんながみんな何かしらの情報に繋がっているね。

あなたの生活はどうですか?

私は、最近電車の中では、つり革広告を見るか、本を読むか・・・スマホを見るのは控えています。
・・・どうやらパソコン作業が多すぎて、眼精疲労がひどくて。

って、こうやって文章を打っているのもパソコン画面なんだけどね。
では。

このエントリーをはてなブックマークに追加