KAZ hugyftdrftyg TP V 150x150 年齢不詳、そこから自分考察が始める今日、会社の同僚(28歳)に、「たまごさんっていくつなの?」と聞かれた。

隠すものでもないので、「39歳だよ」というと、ちょっとびっくりされた。
「えー、25歳くらいかと思った」いや、それはないだろう。

まぁ、仕事ぶりだけみていたらそう思うのも無理はないのかもしれないけど。

「年齢不詳、そこから自分考察が始める」の続きを読む…

急に冷えてきた。毎年2月が一番寒くなる、ということを考えると今とっても寒いのも納得なんだけどね。

それにしても、冬が苦手な私にはこの季節は辛い。一人暮らしをしていると、週末に誰とも話さない日もあったりして。冬の寒さの中で、一人自宅にいると、「先週の仕事」の反省をしたり、「来週の仕事」の心配をしたり。

 

いろいろと ”今” 考えなくてもいいことを考えたりして、無駄にネガティブパワーを全開にしていく自分。

過去のことは、考えすぎなくてもいいし。未来のことは、起こってから考えればいいのに、ね。

わかってはいるけれど、なかなか実行ができない。気が付いたら、頭はネガティブな思考でいっぱいになってしまう。

そんな時、ついグダグダと堂々巡りするのを止めるために、ほかのことに没頭するに限る!でも、それがなかなか見つからないんだよね?

お薦めは・・・料理をしてみたり、本棚の整理をしたり。良くいわれるけど、何か単純作業に没頭するというのは試してみてもいいことのひとつだと思う。

友人と出かけて、人の悩みを聞くってのもあり。一緒になって、その悩みについて考えていると、自分の悩みごとの存在が薄れる、気がする。ははは。友人にも感謝されるしね。アドバイスはする必要はなくて、聞いてあげるだけでもかなり友人は気持ちが楽になると思う!

感謝されて、かつ自分も気がまぎれるならまさに一石二鳥だよね。

これは、私の気分転換方法だけど、文章を書く、ということもあるかも。
何せ、忙しい合間にいくつかの記事を仕上げていかないといけないので、必死に無心にタイピングをしていくしかない。

経験として超ネガティブな時は誰の意見も耳に入らない

女性はホルモンバランスに気分がたくさん影響される、ことがあると思う。

ただでさえ、ネガティブ体質な私がたまーーーに、ホルモンのバランスにパンチを食らったりして、超×20くらいネガティブになったりする。そうすると、誰に何を言われても、反論でしか返さない!でも、論理的な思考から外れている私は・・・結局言い任されたりして余計にストレスがたまる!

ちなみに、殿方に悩みを話す時には、「聞いてほしいだけ」と伝えるように、とはよく言われること。彼らはアドバイスしたい生き物なのですから。正論を言われてへこみたくないよね?

でもさ、こうも言われたことがある・・・「アドバイスいらないなら、どうして話ををしてくるのか理解できない」

・・・女性とは、一般的に”おしゃべり好き”なのです、それが悩みであってもとにかく話したい!共有して共感してもらいたいものなのです!

あ、いつもながら話が脱線したけど。

ネガティブな気分の時には、一人でいるか、または同性と一緒にいるほうが傷つかなくていいと思う。弱っている時に、がーーっつんと正論を言われてもへこむからね。

あなたの超ネガティブな気持ちが、この超なんの役にも立たなないかもしれないこのブログを読んで少し元気になってくれたら嬉しいものです。

 

では、またねん。

昨日の夜から降り始めた雪が、朝になってしっかりと積もっていました。

単純な私は、雪が降ってうれしい。が、しかし会社に行かないといけないので、大雪の中を靴を濡らしながらも駅に向かう。

最寄り駅に到着すると、いつもより若干混雑しているホーム。

「大雪の日に考えた、日本人の勤勉さ?」の続きを読む…

・・・本日、1月13日。まだまだ新年と呼んでもよさそうな時期である。

 

そして、夕方、派遣会社から突然のメール「本日中に契約について確認したいことがります。」

今年に入って、私のチームに私とまったく同じ仕事をする”正社員”が加入した。

昨年末に辞めた社員の人から、「うちの会社でベンダー募集しているから、応募してみない?」といきなり、連絡がきた。

なかなか、感の鈍い私でも気が付きます・・・。

 

「3月以降の契約はなし、ということで」・・・。

と、エージェントからの電話にも、納得。まさにすべての点がつながって、線になった感じ。

ま、とりあえず、これが「塞翁が馬」になるかならないかは、自分次第。

いいことわざだなぁ。

 

あなたの会話のトッピクは何がメインですか?

去年の末、数年来の男友達とご飯を食べている時に、ふと彼が言った言葉が引っかかりました。

「たまごさんは、どちらかというと、恋愛やおしゃれよりも、”仕事”に興味があるんだね、男性的なんだよ」と。

仕事に興味のない男性もいるだろうし・・・

ひとくくりに、「男性は仕事に興味があるもの」「女性は恋愛に興味があるもの」と決めることは出来ない。

が、しかし一般的に、私の周りを見る限り、女子会でのトークは恋愛がメインだし、男性と話す時には仕事の話が多い気がする。

が、それは、もしかしたら、むしろ私が”女性”であるからなのかもしれない。
女性としての私は、同性の同世代と話すときには、自然と「恋愛ネタ」を私自らが振っているのかもしれないな、と思った。

もしかしたら、今まで恋愛ネタしか話してこなかった女子会でも、真剣に仕事の話をしようと思ったら意外と盛り上がるのかもしれないし。

殿方相手でも、「恋愛ネタ」で熱く語れることがあるのかもしれない。
いつの間にか、「この人に会ったらこのネタで・・・」的なイメージが自分にも相手にもあるのかもしれない。
それって、もったいないことなのかも?とふと思いついた。

相手に合わせたコミュニケーションというけれど、以前話した話題が、例えば「婚活」だっただけで、もしかしたら、というか考えてみれば、それが今現在でも彼女(または、彼)にとっての一番興味のある話題である、という理由にはならない。

意外な人と、意外な話をすることで楽しくなるのかも?

いつもは、恋愛ネタばかり話す女友達と、たまには真剣にキャリアのことを話合ってみるのもいいかもしれない。

自分とは違う物事の考え方に触れることはとても刺激になり、時に、ものすごいモチベーションをもたらしてくれる気がする。

いつもは、仕事の近況報告くらいしかしない男友達とは、「趣味の話」とか、「恋愛話」なんてのをしてみるのもいいかもしれない。

ここまで書いてふと、思ったのだけれど・・・もしかしたら、私以外の人は、みんなオールマイティーな会話の仕方をしているのかもなぁ、と。

私だけが、会う人に寄って話す内容を変えているのかもしれない、と急に思った。

あなたのコミュニケーションってどんな感じ?
異性、同性、会う人それぞれによって話す内容って違うのかな?

でも、どんな話題でさえ、付き合ってくれる人がいることで
まだ私は救われている、気がする。

アラフォー独身の三連休の過ごし方

気になる人も気にならない人もいるだろうけど。
私は、自分がアラフォーだし、独身だし、パッとしない生活を送っているから(って、こうやって書いちゃうところが自己暗示を強めるから良くないんだよね、わかってるんだけどさ)、他のアラフォーの人ってどうしているんだろうなぁ、って思う。

結婚してない、子供もいない(ま、結婚していないのでいないのもしょうがない。かといってシングルマザーになるほどの決意もないしね。そもそも、子供が欲しいのかも今は分からない)、一人暮らし・・・休日に特に朝から出かける予定もない。なんて日には、とりあえず昼までベッドの中でうだうだとする。

今日こそは、部屋の掃除を、と思いながら・・・年末の大掃除も終わってないし。エアコンは、去年の夏から掃除もしていないし(カビをまき散らしているのではないだろうか・・・)。

部屋の中には、洗い終わった洗濯物がたたまれることなく、ソファーの上に山を作っている。

休日の楽しみ・・・

それは、はっきり言ってしまえば、誰とも会わない、話さないということのような気がする。
普段、会社でもバイトでも否応なく人とコミュニケーションを取らなければいけないので、休日くらいは誰にも会わず、ひっそりと過ごしていたい。

人と会えば、必要以上に気を使ってしまうこともあり、ストレスが溜まる、、、こともある。ま、楽しい時間もたくさんあるんだけどね。

冷蔵庫の中は空っぽ

これは、私だけだろうか?冷蔵庫の中には、何も入ってない。チューハイの缶が1-2本。プラス調味料があるくらい。
今日は、食べるものがないので、ずーーーーっと前に知り合いからもらった(賞味期限が切れた)ダイエットレトルト食品を食べる。

特に感想はなし。まずくもないし、格別おいしくもない。自分で買って食べることを考えると大変高価だとは思う。たぶん一袋結構なお値段だと思う。

延々とYOUTUBEでお笑いラジオを聴く
大好きなラジオ番組のYOUTUBEで、延々と聞いている。聞きながら、部屋の掃除でもすればいいんだけど、ベッドに寝転んでだらだらと聞く。

そんなことをしていたら、あっという間に15時。ふぅ。
連休の後半は、いつも「今週こそは、ダイエットをする!」と決意をする。
急に料理に目覚めたりしてね…大したものは作らないけどさ。

近所に買い物に出かける

恐ろしくダサい恰好(もう、凄すぎて文章で表現もできないけど)で、財布を片手に近くのスーパーへ。自宅にあるマカロニグラタンの素を活用すべく、玉ねぎ、シメジ、エノキ、エビを購入。

エビグラタンにしようと思う。

グダグダしていた今日、いろんな人のブログも見てみたけど・・・「ユニクロでおしゃれ」だの、「こんなホームパーティーしました!」だの・・・世の中の綺麗な人は、素敵な生活をしているんだなぁ、と思いつつ自分の生活との違いに、なんだかなぁ。

ドラマのような生活をしている人はどれくらいるのだろうか?

アラフォー独身女性の休日なんてこんなもんだ、と思う。だらだら、惰眠をむさぼり、やらなきゃいけない家事も怠り・・・しょうがないから買い物に出て、他人のブログを見て、自虐に浸る。

ドラマを見ているとさ、”貧乏OL”とか言いながらも、素敵な服を着ていたり、素敵な場所でご飯を食べていたり。

いったい、一人暮らしして、対してお給料ももらってなくて・・・どうして、雑誌に載っているような服を買ったり、カバンを買ったりできるんだろう、と思う。
綺麗にネイルをしていたり。
なーんて、非正規雇用(それにしても、失礼なネーミング)の派遣社員の私には、関係ないか・・・と思ってしまう。

アラフォー、派遣社員、年収、と検索してみたいけど、どんな結果が出てくるのか・・・ちょっと怖くて検索できない。

アラフォー、正社員、独身、だったらまた違うのかな?
と、いろんなことを考えながら、連休の最終日は終わっていきます。はぁ。

さ、また、明日から事務仕事も、夜のバイトも頑張ろう、ダイエットもね。

久々の年下君とのデート(殿方と二人で出かけること)

ダブルワーク疲れている私は、たまのデートすら、ちょっとめんどくさい。

が、しかし、この機会を逃さないべく出かける私。

 

結果・・・仕事の悩みを聞き、私の仕事の話をして・・・なんだかカウンセラー状態。

楽しかったけど、酔っぱらった日でした。

おやすみなさい。

電車に乗っている時間って結構あるかも。あなたは何をして過ごしていますか?

ほぼ毎日、電車に乗っている。都会で生活するということは、ほとんどの交通手段が電車またはバス、という公共交通機関に頼ることになる。

二十代後半まで生活をしていた田舎では、電車やバスに乗るということは”非日常”な行為だったんだよね。実際に、実家(というか地元)では、車は一人一台所有するもので、どこに行くにも車が唯一の交通手段。
徒歩でどこかに向かう・・・ということもほとんどない。なぜなら・・・一番近くのコンビニ(でも、夜10時には閉店してしまう)でも、歩いたら10分くらいかかかるから。

というわけで、田舎の生活において電車に乗る、ということはイコール都会に出ていく、ということを意味していたのです。

ちなみに田舎の電車賃ってすごい高いんだよ

約1時間電車に乗って移動すると(まぁ、移動距離も長いんだけどね)約1000円くらい。
東京に来て最初に感動したのは、地下鉄運賃の安さかな。

さて、話を本題に戻すと・・・って、もう少し捕捉したいことがあるんだけどね。

田舎暮らしの長かった私からすると、上京したすぐの頃は満員電車すらイベントだった。

その頃は、祖師谷大蔵という小田急沿線の駅に自宅があった。ちなみに、駅から徒歩15分、木造2階建てのアパートで、休日になると、宗教やら新聞の勧誘が良く来ていた。

どんどん話が脱線していくけど・・・その頃は小田急線で新宿に通勤していたけど、毎日すごい混んでいた。ぎゅうぎゅうに潰されながらも、「あぁ、これが噂の東京のラッシュアワーというものなのだな!」なんて楽しかった。人間、何事もポジティブに考えられるといいものである。

で、ようやく話を本題に戻すと・・・

電車の中にあるつり革広告(どうやら一般的には中吊り広告と呼ばれているらしい)がとても面白い。

特に気に入っているのは、女性誌の広告。いかにキャッチーなタイトルをつけるかが命なのだろうけど・・・突っ込みどころ満載なんだよね。このことは、また別の時に書いてみたい。

毎日満員電車に揺られている私は、本を読むこともままならない時には、ひたすら上からぶら下がっているつり革広告を読んでいる。まぁ、それも角度によっては見えない時も多々あるんだけどね。

最近、山手線が新型の車両を導入して・・・

山手線新型車両を導入というニュースに関連して聞いた話が興味深かったので考えてみたいと思う。

最近は、デジタルサイネージという形態での広告手法が多く取り入れられている。駅の柱に大きなスクリーンがはめ込まれていて、それにいろいろな広告が流されているのを見たことがあなたもあると思うんだけどね。

電車でもドアの上部に小さなテレビスクリーンが埋め込まれていて、「次は○○駅です」なんて案内の合間にもいろいろな宣伝が流されているよね。

で、山手線の新型にもそれを取り入れようと思ったらしいのだけど・・・費用対効果を考えるとそんなに有益でもないらしいの。

以前は、電車の中で暇にしている人が、そういったつり革広告を始め、電車内に書かれている文字や情報に目を向けていたらしいのだけれど。今、スマートホンが流通することによって、みんながほとんどそういった情報に目を向けることがないらしい。

このニュースを聞いて、まず「確かに、ほとんどの人は電車内で掲示されている情報に以前ほどは注意を向けてないかも」と思った。

その次に、「デジタルコンテンツは作成に時間と費用がかかる」という点が驚きだった。私的には、紙に印刷して、それをひとつひとつつり革やら壁に貼っていく作業のほうが人件費も、材料費もかかると思っていたのだけれど、どうやらデジタルコンテンツのほうが時間もコストもかかる、とニュースでは言っていた。
そういう意味で、費用対効果が薄く、全車両への導入を見送ったらしい。

今の私たちにとって、インターネットで手に入る情報はほとんどが無料なんだけど、元をたどればそれを作るのには費用が掛かっているわけで・・・。

費用対効果を考えた時に、いったいどれくらいの消費が発生したら、利益が生まれるんだろうなぁ、と考えた。

ちょっと前までは、マイナンバー制度に関して、繰り返し電車の中で流れていた。結構長い期間流れていた。

これは、政府の宣伝だから、費用対効果よりも認知を促していたものだろうけど。・・・お金かかってそう。

私は自宅にテレビがないので、電車の中で流れるフラッシュニュースやら短い(音声なし)コマーシャルが時代についていくための結構有益な情報となっている。

それだけでも、ひと昔前と比較したらものすごい量の情報をただ20分間電車に乗っているだけで手に入れていると思う。

そういえば、10年前に小田急に乗っていた時には、大勢の人が新聞を読んでいたけれど・・・今はほとんど見かけないよね。

電車の中でいろいろ考えてみた、三連休の初日でした。

ちなみに、今は大学病院の口腔外科の待合室で呼ばれるのを待っている間にこの記事を書いています。

ここでも、20人中5人がスマートフォンを見ている。どこにいても、常にみんながみんな何かしらの情報に繋がっているね。

あなたの生活はどうですか?

私は、最近電車の中では、つり革広告を見るか、本を読むか・・・スマホを見るのは控えています。
・・・どうやらパソコン作業が多すぎて、眼精疲労がひどくて。

って、こうやって文章を打っているのもパソコン画面なんだけどね。
では。